So-net無料ブログ作成

【ペットボトル冷灸】熱中症予防や初期対応に [健康]

 暑い日が続く中、心配なのが熱中症。熱中症の予防や応急処置には、保冷剤や冷たいタオルなどで体を冷やすことが有効だ。鍼灸治療を行うグラン治療院東京では、冷水を入れたペットボトルを使用する方法を紹介している。

スポンサードリンク






 「熱中症」は、高温多湿の環境に長くいることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態になっている。なので、体を冷やすことがとても有効なのだ。熱中症の予防も初期対応も「涼しい場所」で「体を冷やし」「水分を補給する」ことがポイントとなる。体を冷やす場合は、首の回り、脇の下、足の付け根などがとくに有効だ。
 東京都渋谷区にあるグラン治療院東京の小川真由子院長は、冷水を入れたペットボトルを使って、体のツボに冷刺激を与えて熱中症対策を行う「ペットボトル冷灸」を考案している。
 方法は簡単で、冷えたペットボトルでツボを押したり転がしたりして冷たい刺激を与えていく。鼻の下のくぼみにある「人中」や、耳たぶの裏側の耳の付け根にある「翳風(えいふう)」、わきの下にある「大包」などのツボに当てる。How to 動画もあるのでぜひ参照してみて。自動販売機のペットボトル飲料でも可能なので、外出中になんかフラフラするなあと思ったら、冷たい水を購入し、首回りなどを冷やしてから、水分補給をするといいだろう。なお、自力で水分を摂取できない状態のときは、迷わず病院へ。
〈関連記事〉
【OS-1がリニューアル】にがみが取れてすっきりした味に
・ペットボトル冷灸

スポンサーリンク


タグ:鍼灸 熱中症
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました