So-net無料ブログ作成

【乳酸菌配合の口臭ケア用タブレット】「アバンビーズオーラルタブレット」新発売 [その他]

 「強力わかもと」でお馴染みのわかもと製薬が、口臭ケア用タブレット「アバンビーズオーラルタブレット」(健康食品)を4月1日に新発売するぞ。わかもと製薬オリジナルのWB21乳酸菌を配合したタブレットとなっている。

スポンサードリンク






 わかもと製薬では、乳酸菌を配合した薬用歯みがき「アバンビーズ」を販売している。今回発売される「アバンビーズオーラルタブレット」は、アバンビーズのシリーズ品。わかもと製薬オリジナルのWB21乳酸菌を配合したほか、消臭効果のある茶カテキンも配合。茶カテキンの中でも、とくに消臭効果の高いエピガロカテキンガレートを配合しており、「WB21乳酸菌+茶カテキン」は特許を取得したオリジナル配合なのだとか。
 乳酸菌というと、腸管内の細菌叢を改善する善玉菌というイメージがある。人間の体内で有益な働きをする微生物を含む製品を「プロバイオティクス」と呼ぶが、「アバンビーズオーラルタブレット」もその一つ。口の中で善玉菌的な働きをする乳酸菌の一つが「ラクトバチルス」で、このWB21もラクトバチルス・サリバリウス菌WB21という種類の乳酸菌なのである。
 口臭の主な原因は、口の中の悪玉菌が、歯垢や舌苔に残ったタンパク質を分解することによって発生すると考えられている。そのため、口の中の悪玉菌を減らし、細菌叢を改善することが口臭対策になる。
 ラクトバチルス・サリバリウス菌WB21の口臭改善効果は、臨床試験で確認されたもの。唾液の増加も確認されている。ただし、ラクトバチルス・サリバリウス菌は一時的に増加するものの、増えた状態で口腔内に定着しないとの報告もある。歯みがきをきちんとし、こまめに「アバンビーズオーラルタブレット」を取ることで、口腔内に善玉乳酸菌が定着し、良好な細菌叢の維持が期待できそうだ。なお、「アバンビーズオーラルタブレット」は1日3粒を摂取するとのこと。希望小売価格は21粒入り1150円(税抜)。自社販売サイト限定販売として、30粒入り1600円(税抜)もある。
〈関連記事〉
【目をターゲットにした乳酸菌サプリ】「オプティエイドDE」

スポンサーリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました