So-net無料ブログ作成

【ユーグレナ(ミドリムシ)配合】「緑の習慣DHA・EPA」新発売 [その他]

 ユーグレナ(ミドリムシ)とDHA・EPA含有した健康補助食品「緑の習慣DHA・EPA」が4月5日に新発売された。高い栄養価とさまざまな健康効果で注目を集めているユーグレナに、悪玉コレステロールを下げることでお馴染みの魚油成分が配合された、最強といってもいいような健康補助食品となっている。

スポンサードリンク






 「ユーグレナ」とは、プランクトンであるミドリムシの学名。0.1ミリメートルほどの大きさで、光合成をすることから「植物性プランクトン」と習った人も多いのでは。ユーグレナは葉緑体を持ち、光合成をする植物の特徴を持っている一方、べん毛と体のねじりによる運動性を持つ動物の特徴を持っており、植物と動物の特徴を併せ持つユニークな生物なのだ。
 このユーグレナは、高い栄養価を持っていることがわかり、食品として注目を集めている。人が体内で合成できない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」というが、食品中に含まれる必須アミノ酸のバランスを評価する指標として「アミノ酸スコア」がある。最高スコアが100なのだが、ユーグレナのアミノ酸スコアは83。ユーグレナ同じ微細藻であるクロレラのアミノ酸スコアは63、スピルリナは51なので、ユーグレナのアミノ酸スコアが高いことがわかるだろう。
 そして、ユーグレナが注目を集めるもう一つの理由が「パラミロン」という食物繊維を持っていることだ。理科の授業で習ったように、植物は通常、光合成によってデンプンを合成するのだが、ユーグレナはパラミロンを合成する。このパラミロンが健康に与える影響がかなり優秀で、免疫賦活作用、肝保護効果、抗HIV作用、抗菌効果があることが、大学の研究機関などから報告されている。他にも、パラミロンには抗酸化作用があることが示唆されているほか、アトピー性皮膚炎の改善効果、花粉症症状の軽減効果、胃潰瘍などのストレス性疾患の抑制、さらには抗腫瘍効果を持っていることが示唆されているのだ。
 前置きが長くなったが、このユーグレナと魚油成分のDHAおよびEPAを含有した健康補助食品が「緑の習慣DHA・EPA」である。販売するのは武田コンシューマーヘルスケアで、東京大学発のベンチャー企業・ユーグレナ社と共同開発した健康補助食品となっている。ちなみに、武田コンシューマーヘルスケアは製薬メーカーである武田薬品から今年4月に分社化した会社で、主に一般用医薬品を取り扱う企業だ。
 「緑の習慣DHA・EPA」はカプセルとなっていて、1日6カプセルを目安に服用する。6カプセルには、ユーグレナが501mg、DHA310.5mg、EPA91.8mgが含まれているぞ。価格(税込)は60カプセル入り1000円、180カプセル入り6110円。「タケダ通販ショップ」のみの通信販売限定商品となっている。なお、ミドリムシのサプリメントを服用した64歳の男性が皮疹、紅斑を生じたケースが報告されている。服用して「ヘンだな」と思ったら服用を中止して、病院を受診するようにしよう。
・タケダ通販ショップWebサイト http://shop.takeda.co.jp/
〈関連記事〉
【研究報告】魚油が喘息症状を軽減
【善玉コレステロールは量より質】“引き抜き”機能が動脈硬化を予防
【時間栄養学研究】青魚は朝に食べたほうが効果的

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました