So-net無料ブログ作成
検索選択

【大塚家具調査】 睡眠改善の第一歩は寝具の見直し [健康]

 お家騒動で注目を集めた大塚家具が、睡眠と寝具の関連性などをアンケート調査したところ、睡眠に不満を持つ人は、寝具にも不満を持っていることがわかったとのこと。

スポンサードリンク






 大塚家具が実施した「睡眠に関する意識調査」は、20歳代~59歳の男女995名に対して実施したもの。まず、睡眠の満足度について聞いたところ、64%が「不満」と回答した。また、睡眠時間を改善したいかについての質問には、63%の人が「睡眠時間を増やしたい」という回答している。つまり、睡眠に不満がある人は、総じて睡眠時間が不足しているということが示唆された。
 では「睡眠の満足度」と「寝具の満足度」の関連について分析したところ、睡眠について「とても満足している人」の44%が、寝具にも「とても満足している」と回答。逆に睡眠にはとても満足しているのに、寝具にはとても不満であるという人は0%だった。一方、睡眠について「とても不満」の人の30.8%が、寝具にも「とても不満」と回答。逆に睡眠はとても不満なのに、寝具にはとても満足している人は2%にとどまった。これらのことから、大塚家具では、睡眠の満足度と寝具の満足度は相関性が高いとしている。
 では、寝具を購入する際に一番こだわるものを聞いたところ、「マットレス(敷布団)」が49%、続いて「枕」30%、「掛け布団」13%と続いた。筆者は「枕」がトップだと思っていたので、マットレスを重要視する声が最も多かったのは、ちょっと意外である。
 今回のアンケート調査から「寝具を見直すことが睡眠改善の第一歩」と、大塚家具らしい結論に導いている。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針2014」で提唱する「睡眠12箇条」の中には「良い睡眠のためには、環境づくりも重要」とあるので、あながち間違いではないだろう。なお、大塚家具では「春のインテリア祭」を3月16日(日)まで大塚家具全店舗で開催しているぞ。
 ちなみに睡眠指針では、▽就寝前の飲酒や喫煙を控える▽就寝前3~4時間以内のカフェイン摂取は入眠を妨げ、睡眠を浅くする▽就寝前の寝室の照明が明るすぎると、睡眠の質が低下する▽寝床に入ってから携帯電話、メールやゲームなどに熱中すると目が覚めてしまう▽日中に適度な運動を行うとよい――などとしている。

スポンサーリンク


タグ:睡眠 寝具
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。