So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【「おなかナビ」リリース】過敏性腸症候群用アプリ [その他]

 東北大学の研究者らは、iPhoneアプリ「おなかナビ」を開発、1月26日にリリースした。この「おなかナビ」は、過敏性腸症候群の診断・研究用アプリ。アプリをインストールし、アンケートに答えることで過敏性腸症候群を簡易診断してくれるほか、過敏性腸症候群の病態解明のための研究に参加することができるのだ。

スポンサードリンク






 過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛や腹部不快感を伴って下痢や便秘などの便通異常が続く病気だ。便通異常が続くものの、内視鏡などで検査しても異常は見られない。一方で、発症や症状の悪化の原因として、「人間関係の悩み」「就職や転職等の職場環境の変化」など、心理的ストレスによるものが多いことがわかっている。そのため、現在では心身症の代表的な疾患とされているのだ。
 過敏性腸症候群の有病率は人口の10~15%で、1200万人もの患者がいると推定されているが、管内視鏡検査や腹部画像検査などでは異常を示さないことから、軽く考えられがちで、治療は長期に及ぶことも少なくない。また、症状がどのようにして起こるのか、そのメカニズムも詳しく解明されていない。そこで、東北大学の研究者らが開発したのがiPhoneアプリ「おなかナビ」。このアプリで協力者からのデータを収集・解析し、過敏性腸症候群の発症メカニズムを解明しようというわけだ。「おなかナビ」は、世界で初めて開発された、過敏性腸症候群の測定・記録アプリケーションとのこと。
 このアプリをインストールすると何ができるかというと、過敏性腸症候群の症状についてのアンケートに答えることで、自分が過敏性腸症候群かどうかの簡易診断ができる。また、腹痛や排便状態、心身のストレス度を記録することができる。さらに、カメラに指をあてることで、排便時の自律神経活動を記録することができるのだ。
 なぜ自律神経活動を測定する必要があるのかというと、過敏性腸症候群は「脳腸相関」が強く関与していると考えられているのだ。脳腸相関とは、脳と腸がお互いに信号を交換しているというもの。例えば、空腹になると胃からグレリンというホルモンが分泌され、それが脳の視床下部に作用すると食欲が増進されたり、胃の運動を促進したりするのだ。過敏性腸症候群も、腸から分泌される何らかのホルモンなどが脳に作用し、消化管の運動を促進したり、抑制したりして便通異常が起こると考えられている。そこで、自律神経活動を記録してみようというわけだ。「おなかナビ」を開発した東北大学大学院は、過敏性腸症候群の世界的研究拠点で、このアプリを用いた研究も、文部科学省から補助金を受けて実施するもの。アプリを使用することで、過敏性腸症候群の解明のお手伝いができるかもしれないぞ。気になる人は、アップルストアで「おなかナビ」を検索してみよう。
〈関連記事〉
【便秘型過敏性腸症候群治療薬が発売】アステラス製薬「リンゼス錠」

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。