So-net無料ブログ作成

【世界初】貼るアレルギー性鼻炎薬が登場 [薬]

 花粉シーズンも終盤に入っているが、まだまだつらいという人もいあるのでは。そもそもスギ以外にもヒノキやブタクサなど、花粉症の原因となる花粉はほかにもあるし、ダニやハウスダストが原因でアレルギー性鼻炎を起こしている人もいるだろう。そんな人に新しい治療薬の選択肢ができた。貼るタイプのアレルギー性鼻炎薬「アレサガテープ」(医療用医薬品)が4月24日に発売となった。アレルギー性鼻炎薬の貼付剤は世界初とのこと。

スポンサードリンク






 「アレサガテープ」はエメダスチンフマル酸塩を有効成分とした、経皮吸収型のアレルギー性鼻炎薬。同じくエメダスチンフマル酸塩を有効成分とした薬としては「レミカットカプセル」というカプセル剤がある。これも医療用医薬品。以前は、市販薬(OTC)にもエメダスチンフマル酸塩を有効成分としたものがあったが、現在では市販されていないもようだ。
 エメダスチンフマル酸塩は、第2世代抗ヒスタミン薬の一種。第2世代抗ヒスタミン薬は、アレルギー性鼻炎の治療に最初に使用すべき「第一選択薬」となっている。代表的な市販薬を挙げると、セチリジン(コンタック鼻炎Z、ストナリニZ)やフェキソフェナジン(アレグラFX)、エピナスチン(アレジオンなど)など。しかし、どれも錠剤やカプセル剤、点鼻剤で、貼るタイプの貼付剤はなかったのだ。
 では、貼るタイプの「アレサガテープ」のメリットを挙げてみよう。
1)食事の影響を受けないので、食事の有無や時間に関係なく服薬できる
2)薬効成分の血中濃度が安定しているので、安定した効果が期待できる
3)服薬回数も1日1回
4)途中ではがすことができる
5)のどの痛みや高齢などで嚥下能力が低下した人も服薬できる
6)本人でなくとも、家族や介護者も貼ることができる
――など。
 効果はというと、「ザイザル錠」(有効成分=レボセチリジン)と同程度とされている。ザイザル錠は抗ヒスタミン薬の中でも効果が高いほうなのだ。また「アレサガテープ」は4gと8gがあって、通常は4gを使用するが、症状に応じて8mg に増量できるぞ。
 逆に「アレサガテープ」の注意点はというと、
・使用は成人のみ
・貼る場所を毎回変更する(赤くなることがある)
・貼るときはお風呂の時間を考慮
・レボセチリジンと比べて傾眠傾向(ウトウト状態)が強い
――などがある。
 貼る場所は、胸部、上腕部、背部、腹部となる。なお腰への貼付は、有効成分の吸収が悪いことがわかっている。
 医療用医薬品なので、病院で受診しないともらえないが、飲み薬があまり効かなかった人などは、一度病院で相談してみるといいだろう。
〈関連記事〉
【ランキング】「花粉症薬」一番効果あるのは?
【続々登場】花粉症治療薬の選び方

スポンサーリンク


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。