So-net無料ブログ作成

【大腸に届くオリゴ糖入り】「ラクチュロースココア」新発売 [健康]

 ココアのトップブランド「森永ココア」(森永製菓)から、ミルクオリゴ糖「ラクチュロース」を配合した「ラクチュロースココア」が8月22日に新発売となった。ミルクオリゴ糖とは母乳に含まれるオリゴ糖のことで、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整えるオリゴ糖として注目を集めているのだ。

スポンサードリンク






 ココア自身も「カカオポリフェノール」の抗炎症作用により、糖尿病や認知症、がんなどのリスク低減効果があるとされている。昨年は、これらココアの健康感に注目が集まり、ココア市場が前年比111%増と大幅に伸長しているのだ。
 このココアにミルクオリゴ糖「ラクチュロース」を配合したものが「ラクチュロースココア」。ミルクオリゴ糖とは母乳に含まれるオリゴ糖のことで、ほとんど分解・消化されずに大腸まで届く。大腸まで届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌を増殖させ、腸内細菌のバランスを善玉菌優勢に整えてくれるのだ。このようにほとんど消化されずに大腸まで届くオリゴ糖を難消化性オリゴ糖といって、ラクチュロースのほかにもキシロオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、ラフィノースなどが商品化されている。ラクチュロースは、腸内細菌のバランス改善のほか、カルシウムやマグネシウムといったミネラルの吸収を促進するほか、免疫力向上効果、糖尿病の予防・改善、大腸がんリスクの低減なども期待されている。
 「ラクチュロースココア」はラクチュロースを650 ㎎(1 食10gあたり)配合。溶けやすい顆粒タイプとなっていて、牛乳はもちろんヨーグルトにも溶かして食べてもおいしいココアになっているとのこと。筆者はしたことがないが、ヨーグルトにココアを溶かすのは一般的な食べ方だそうである。価格は80g入り270 円(税込)となっている。

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。