So-net無料ブログ作成

【「パンシロン ソフトベール」新発売】胃粘膜修正成分をダブル配合 [薬]

 胃腸薬でお馴染みのロート製薬「パンシロン」シリーズから、新製品「パンシロン ソフトベール」(第2類医薬品)が9月26日に新発売となった。国内では初めて胃粘膜修正成分「テプレノン」と「銅クロロフィリンナトリウム」をダブル配合した薬とのこと。

スポンサードリンク






 「パンシロン ソフトベール」は、“食べすぎてないのに出る”胃の不快感に対応した胃腸薬。「テプレノン」は胃粘膜液の合成・分泌促進、胃粘膜の血流促進、胃粘膜を保護するプロスタグランジンを増加する作用がある成分で、医療用医薬品としても使用されている。
「銅クロロフィリンナトリウム」は葉緑素(クロロフィル)をアルカリ処理など行って水溶性にしたもの。医療用医薬品としては添加物などに使われているが、胃の粘膜の保護や修復を促進させる効果があるほか、口臭抑制効果などがあることも知られている。
 また、「パンシロン ソフトベール」には、弱った胃の働きを改善する生薬「ソウジュツ乾燥エキス」と「コウボク乾燥エキス」もダブル配合。弱った胃の働きを改善し、食欲を増進させてくれるぞ。価格は10カプセル入りで900円(税別)となっている。
 使用上の注意点としては「テプレノン」には、便秘、発疹などの副作用が出る恐れがあること。また、黄疸が現れることがあるので、服用後に様子が変だと感じたら、病院を受診するようにしよう。
〈関連記事〉
【「タナベ胃腸薬ウルソ」新発売】肝臓に直接作用する胃腸薬

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。