So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【ランキング】「花粉症薬」一番効果あるのは? [薬]

 NHKニュース「おはよう日本」を見ていたら、来週にも花粉が飛び始めるとのこと。花粉症の人にとっては、憂鬱な時期が直前に迫っている。そんななか、ビジネスコンサルティングサービスなどを手がけるソフトブレーン・フィールドは「花粉症に効果が感じられた鼻炎薬」などのアンケート調査を発表した。

スポンサードリンク






 毎年、新しい薬が発売されている「花粉症薬」。どれを選べばいいのか、大いに悩むところだろう。ソフトブレーン・フィールドは、男女4580名に対してアンケート調査「花粉症に関する調査」を実施。その質問項目の一つとして「花粉症に効果が感じられた鼻炎薬」を聞いている。さっそく順位を見てみると
1位「アレグラFX」(第2類医薬品)久光製薬
2位「パブロン鼻炎カプセルSa」(第2類医薬品)大正製薬
3位「ストナリニS」佐藤製薬(第2類医薬品)
4位「アレジオン20」(第2類医薬品)エスエス製薬
5位「ロートアルガード鼻炎内服ZⅡ」(第2類医薬品)ロート製薬
 ――となった。医療用医薬品からの転用(スイッチOTC)で高い効き目が期待できる薬(「アレグラFX」「アレジオン20」)や、服用が1日1回と利便性が高い薬(「ストナリニS」)、とくに鼻水に効果を期待する薬(「パブロン鼻炎カプセルSa」「ロートアルガード鼻炎内服ZⅡ」)などが上位に入った模様だ。
 また、花粉シーズン突入前に新発売された薬も見てみよう。主なものとして▽「クラリチンEX OD錠」(要指導医薬品)大正製薬▽「アレグラFXジュニア」(要指導医薬品)久光製薬▽「ストナリニZジェル」(第2類医薬品)佐藤製薬▽「ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ」(指定第2類医薬品)ロート製薬――などがある。「クラリチンEX OD錠」は、「クラリチンEX」の口腔内崩壊錠(OD錠)。つまり「水無し」で飲めるようにしたものだ。「アレグラFXジュニア」は7歳から服用できる薬で、小粒サイズで飲みやすい錠剤となっている。「ストナリニZジェル」は、スイッチOTCである「ストナリニZ」のカプセル剤。カプセルの中には有効成分「セチリジン」が液体となって入っている。この「セチリジン」が早く吸収できる液体となっているのは「ストナリニZジェル」だけとのこと。「ロートアルガード鼻炎内服ゴールドZ」は花粉による「副鼻腔炎」に着目した薬。生薬「辛夷(シンイ)」のエキスなど、鼻水・鼻づまり・頭重に働きかける6つの有効成分を配合している。
 種類が豊富になった花粉症薬。症状やシチュエーションに合わせて、自分に合った薬を選ぶことができるようになっている。花粉症薬の選び方については「【続々登場】花粉症治療薬の選び方」にも紹介しているので、参考にしてみてほしい。日本気象協会の花粉飛散数予測では、東日本は昨シーズンより少なく、西日本は多く、近畿地方では昨シーズンに比べて約3倍の花粉が飛ぶ可能性もあるとのこと。花粉症薬はシーズン前に飲み始めることが肝心だ。
〈関連記事〉
【続々登場】花粉症治療薬の選び方
【じゃばらサプリ登場】「アレルシールド」新発売

img_149248_3.jpg

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。